ロゴ
切り文字専門店
看板工房
TEL.029-215-9228
Thank you for your access.


サイトマップ アイコンサイトマップ
矢印 ホーム 矢印 会社案内 矢印 データー入稿 矢印 ご注文の流れ 矢印 見積もりフォーム 矢印 お問合わせ

矢印 切り文字メニュー
 

矢印 大判印刷
 

矢印 規格サイン
 


矢印 製作について
 

矢印 ご注文について
 

矢印 ご案内
 

立体文字の取り付け方


 
商品が届くと、このように文字がバラバラの状態になっています。
このままではきれいに取り付けることが出来ません。



お客様がきれいに取り付けられるよう、切り文字と一緒にこのような取り付け原稿を同封しています。
この原稿の使い方を説明します。



 

立体文字の取り付け方

 

最初に、文字のパーツ毎の端をカッターやはさみなどで切れ込みを入れます。

このように全てのパーツに切れ込みを入れて、下地が見えるよう折り曲げます。(たくさん切れ込みを入れたほうがより正確に取り付けられます。)


次に、切り文字を取り付けたい場所をきれいにします。
ゴミや汚れがあると切り文字がはがれやすくなってしまいます。

実際に切り文字を取り付ける場所に、②で作った原稿をテープでしっかり止めましょう。


切れ込みを入れた場所の上から、鉛筆などで印をつけましょう。(跡が残りにくい物の方がもしもの時に安心です。)

出来るだけ角に印をつけましょう。


全てに印をつけたら、原稿をはがします。

切り文字の両面テープの保護シートを剥がし、印が隠れるように合わせて取り付けましょう。


後は同じように他のパーツも取り付けましょう。

全てのパーツを取り付けたら完成です。


※注意※

サイズが大きいものや、切り文字を取り付ける壁面の状態によっては両面テープだけでは剥がれてしまう可能性があります。
接着力を高めるためにボンドなどとの併用や切り文字の縁にコーキング等をすることをオススメします。



 


看板の施工、取り付け





Copyright(C) 2010 DDN All Rights Reserved.